Movie land

テレビ

一昔前までは個人で所持しているのは一部の金持ちか一人暮らしをしている人間くらいだったのに、今では殆んどの人間が個人所有するくらい普及しているテレビですが、実は色々な種類があるのをご存知ですか?以外に知らない方が多いのですが、これからテレビを買い換えるという方は印刷ポスターだけ見て判断せずに、このページでテレビの何が違うのかじっくりゆっくり書いてあるので是非呼んでいってください。

ブラウン管テレビ

このページを読んでる殆んどの人がお世話になっていると思います。ブラウン管テレビの写真は見かけなくなりましたが、もし知らない人はリサイクルショップにでも足を伸ばしてみてくださいきっと懐かしい形のテレビがそこにはあります。約10年位前は殆んどの家庭がこのブラウン管テレビでニュースやバラエティーを観ていたのですが、最近の地上デジタル放送への移行によってその姿が減少しつつあります。しかし、アナログの代名詞であるブラウン管にもちゃんとメリットが有ります。それは発色が良い事と、寿命が長いことです。寿命が長いことはなんとなく解る気がしますが、発色が良いとはどうゆう事だ?とお思いの方もいらっしゃると思います。意外なことに、ブラウン管は液晶が実用化され始めてからもずっと販売され続けていました。その理由が画面に写った映像をどの角度で見ても一定の色合い(初期の液晶は観る角度によって色合いが大きく変わっていた)になるからでした。実際今でも液晶やプラズマと言った最新のテレビを購入せずにブランウン管を使い続けている人は結構おり、「ブラウン管の柔らかい映像が好き」と言ったこだわりで選んでいるのが大きいのかもしれません。
次にブラウン管テレビのデメリットですが、ブラウン管が重い事と場所を取りすぎる事がかかげられます。ブラウン管はガラスで出来ているため本体は結構な重量になりますし、画面が大きくなっていくにつれ当然の如く重量も増加していきます。また、ブラウン管はその性質上、映像を写すために奥行きを必要としますし、その奥行きは画面が大きくなるに連れて当然深くなっていきます。広い個人宅を持っている方なら心配ないとは思いますが日本の平均的な住宅事情はそこまで寛大では無かったと思いますので購入の際にしっかりとした確認をオススメします。
ちなみに最近の「地上デジタル放送のためにテレビを買い替えましょう」のようなコマーシャルをよく放送で見かけますが、今お手持ちのブラウン管テレビが十分使えるのでしたら、わざわざ買い換える必要はありません。個人の好みにもよりますが、ブラウン管テレビに「地上デジタルチューナー」をつなげれば「地上デジタル放送」は十分視聴可能だからです。「地上デジタルチューナー」を購入する方が新たに新しいテレビを買い換えるよりはかなり経済的(チューナーは5000〜30000以内で機能によって値段の上下はある)だと思います。一応、補足しておきますがブラウン管テレビの場合、フルデジタルハイビジョン放送やハイビジョン放送時に今までと画面の大きさが異なるの画面に黒い部分が出来てしまいますので、放送されるハイビジョンやフルハイビジョンの映像を観たい方は新たに購入することをオススメします。

液晶テレビ

一部の電化製品に試験的に導入され、その爆発的に広まった液晶技術をテレビに転用して、液晶テレビができました。出現当時はまだ技術的に成長期だったことからあまり注目をされなかったが、近年ではその写真が印刷されたポスターも見かけるようになり、その特性と機能で数年前に爆発的に普及していきました。この液晶技術が爆発的に普及した要因に「液晶ディスプレーの消費電力がブラウン管よりも低かった事と、新規の技術なのに製造コストが低く抑える事が出来た」といた生産者がわと消費者側の需要と供給を見事に叶えた形で確立できた事が普及のきっかけになったと思います。また、近年の急速な情報化とそれに伴う技術の発展で液晶技術が最盛期なると、携帯電話のカラー画面や一部の自販機など、街中を歩いていても見かけるほどあたりまえ技術として定着していき、薄い、軽量、省電力の液晶技術は家電業界に欲しくてたまらない技術に発展していきました。本来液晶画面の最大の市場はパソコンのディスプレイでした。当時の技術では17インチより上の大型のディスプレイを造るにはかなりのコストがかかっていましたが、それ以下インチ数での生産はブラウン管ディスプレーより好調で値段も段々と下がっていきました。
では本題の液晶テレビに入りましょう。前記でも書いた通り液晶のメリットは「消費電力が低い・テレビの幅を薄くできる・軽量化」に有ります。今までブラウン管テレビに使っていたスペースにそれより大きい液晶テレビを買い換えたとしても十分なスペースが有りますし、消費電力が安いため、家計にも優しい設計になっています。この部分だけを書けば液晶テレビを買うことが利点だらけのように聞こえますが、実はこの液晶テレビにもデメリットが存在しす。以外な事に液晶テレビはスポーツ観戦にむかないテレビなのです。また、発色も若干悪く全体的に白っぽく見えてしまう傾向があります。実際にサッカーやボクシングなど激しい動きをする映像は少しぼやけて写る事が多くありましたが、最近では動きに強い液晶テレビが開発され弱点の一つを克服しました。今後は液晶の発色の悪さ(液晶は黒を"黒"と発色しないため黒い画面は全体的に白っぽく観える)の改善が課題になっていくと思います。

プラズマテレビ

液晶より後に登場した期待の新星で、液晶テレビの「動きに弱い」「発色が悪い」と言った欠点をすべて克服した高性能な映像を提供してくれるテレビです。この特性はプラズマテレビの構造的な部分で、画面の1つ1つを独立して発行する事によって鮮明で綺麗な映像を表示する事が出来ます。
しかし、このプラズマテレビにもデメリットが存在します。基本的にプラズマは現在のテレビの中で一番高性能ですが値段も高性能で、ライバルの液晶テレビで同じ型の1.5倍前後の値段で販売されいます。また「消費電力が大きい」と言った、今流行のエコブーム逆境するような状況では、経済的にも世間的にも中々購入しにくいのが現状です。そのため、プラズマテレビの市場は段々と縮小傾向にあり、販売する企業も少なくなっています。
個人的には、プラズマの鮮明で綺麗な映像を観ていただければ、どちらの映像が鮮明なのかは一目瞭然だと思います。映画やスポーツ観戦が好きな方、または映像の綺麗なテレビをお探しの持の方には是非お勧めします。

オススメ!

ココまで皆さんの身近にある映像装置としてもっとも親しみのあるテレビの中でも代表的な3つをご紹介いたしましたが、個人的に映像の美しさや発色の良さで選ぶのであればやはり、プラズマテレビをオススメします。消費電力は若干高めですが映像の美しさは他の郡を抜いていますので、今から買い替えを考えてる方は是非、あの鮮明で綺麗な映像を観てから考えることをオススメいたします。しかし、中には家計も厳しいし、映像もそんなにこだわらないという方や、昔懐かしい映像を昔懐かしい感じで観て見たい方もいらっしゃると思います。そんな方々には液晶やブラウン管テレビでの素敵な映像ライフをオススメします。


recommend



シェアオフィスが大阪にあります


シェアオフィスなら大阪で利用しましょう







2020/2/7 更新

Copyright (C)Movie land 2009 All rights reserved.